読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shunのブログ

スマホで気ままに編集してます。主にグラブルの記事とか書いてます。グダグダなのは、勘弁してください>_<

グラブルってるんでしょ。(追加あり)

ってCM初めて見ました。
グランブルーファンタジーのCMです。
色々なCMあった…
コスプレしたり、ゲームの画面だったり、エイプリールフールのアイドルネタ、オーケストラ、アイマスキャンペーン、アニメver、メインキャラver等々
そもそもグラブるって何?
私はグラブルってます。
そもそも、グラブルって何。という方向けです。
こんな感じで進行していきます。
どんなゲームか伝われば幸いです。

どんなゲーム?

一言で言えばモバゲーのゲームです。
最近ではパソコンでもできます。
音楽に植松伸夫さん
キャラクターグラフィックに皆葉英夫さん
ファイナルファンタジーな方々が手がけるRPGです。
音楽と絵がいいです。

ストーリー

主人公は、父親が残した手紙を元に、主人公と昔から一緒にいる、空飛ぶトカゲのビィ(cv釘宮理恵さん)に止められながらも旅に出ようとしたところに、兵隊に追われてる少女ルリア(東山奈央さん)とルリアの護衛をするカタリナ(沢城みゆきさん)に遭遇し、兵隊とすったもんだ一悶着しながら、追手から逃げる旅が始まる。
空が舞台になっている作品なので、飛空挺で島を移動しながら、その先々で、操舵士ラカム(平田広明さん)や魔術士イオ(田村ゆかりさん)などの仲間と出会い話は展開していく。
RPGなので戦闘はありますが、話に水を差すかのように
おっと、魔物がきた
話は魔物を倒してから
追手がやってくる、話は倒した後だ。
等の演出です。
それが無いと、RPGと言いながらも、Fate/stay nightの様な完全ノベルゲームなスタイルになってしまうので、目を瞑って下さい。

CMで出てるキャラはこの程度ですが、その先のシナリオでは、オイゲン(藤原啓治さん)やロゼッタ(田中理恵さん)などシナリオで仲間になります。
多分アニメ化の話題があるが、そこまでのシナリオを作るかどうか…2クール(半年)ものにして出てくる可能性を期待したい。

ゲームの作り

システムとか色々書いていたが長くなるのでここからは興味のある方向けです

課金しなくても、シナリオを進める事は出来るので、シナリオやるだけなら、非課金でも問題無いです。
武器強化に関してもイベントこなせば、ある程度強くなるので。
武器強化などのシステムなどを理解すれば、ステータスの表示されてる数値よりも強くなる仕様になってます。
これが結構時間がかかる事と、エンドコンテンツ的なボスとかが落とす武器などは強いですが、ドロップ率が低いので、やり込み要素になってます。

仲間になるキャラ(シナリオとコラボ)

シナリオで仲間になるキャラ(カタリナ、ラカム、オイゲンなど)、
ガチャで特定の武器を入手する、
開催されてるイベントで条件を満たす(アイマス→島村卯月、渋谷凛、ちゃんみおニュージェネの面々、神崎蘭子、凸レーションやその他やメンズも。
テイルズ→ユーリ、ミラ、ソフィ、
この類のキャラは、夢や異次元に飛ばされた、好敵手探しやベガを追ってきた。という形で乱入。純正なキャラは、依頼等で訪れた島で遭遇して加入)。3種類です。後は、cygamesは神撃のバハムートも制作しているので、若干設定が変わりながらも主張してくるキャラもいます。
後は、ガチャです。
ガチャは、ログインやクエスト初回クリアしたりするともらえる石や、敵を倒すとドロップするゲーム内通貨で回せます。新しく加入するとキャラエピソードが解禁し、そのシナリオなども面白いです。

イベント

シナリオイベント、ギルドイベント、討伐イベント大きく3つです。
シナリオイベントは、新規のイベントでキャラ番外編的なシナリオになっています。そこで、仲間になるキャラもいます。
ギルドイベントは、武器と、その武器を強化し、その武器を強化する事で仲間が加入します。その仲間が強いので、やり込み要素になってます。
討伐イベントは、主にトレジャーを回収するものとなってます。
2周年アップデートで、戦えるボスもいます。

メインシナリオも、定期的に更新されていて、まだ終わってないので、今からでも楽しめると思います。


戦闘システム

戦闘システムは、仲間キャラ4人と控え2人(主人公いれて)の最大6人で編成し、戦闘不能になると控えが出てきます。プレーヤー先行のターン制です。アビリティは使用後ターン経過によって再度使用できます。
奥義ゲージなるものがあり、攻撃をする、敵から攻撃を受ける、奥義ゲージ増加するアビリティの使用で増えていき、100%まで溜めると奥義を打てます。奥義技が打て、2人以上でターン終了時に追撃が発生します。4人で奥義を使えば、追撃も強いものとなります。
主人公は召喚が使え、召喚は1ターンに1体、召喚するものによって、召喚ターンが異なります。
そんな戦闘システムですが、戦闘中でも、喋ったり動いたりするのがまた良いです。細かく作ってあります。

マルチバトル

通常クエストより強く設定されているボスなどは、マルチバトルとなっています。(メインシナリオの進行や主人公のランクなどで解禁します。)マルチバトルでは救援を出す事ができます。強くて、倒せない敵は救援を出して協力プレイで倒す事ができます。
救援を出すと、自分のキャラの攻撃やアビリティの演出の間にも他のプレーヤーも攻撃しているので、省略している方が多いと思います。貢献度があり、1位のプレイヤーには、報酬が多くもらえたりするので省略しているのかもしれません。
私は演出見て楽しんでいます。
ヨダルラーハ(千葉繁さん)とクラリス(佐倉綾音さん)やアルベール(緑川光さん)がある程度のダメージを叩き出す事が可能なので見てます。

最後に

長々?と、紹介しましたが、大丈夫であろうか。
こんな感じで終了したいと思います。
再編集をしてみて、スマホで作ってますが、私のスマホは頭がいいらしい。
声優の名前を入力途中で予測変換で出るという素晴らしさを体感しました。
苗字入れると体半が出てくるみたいだ。
なので、予測変換で出なくても、最後の1文字前に候補に出る。
声優の名前は普段入力しませんが。

因みに、この記事で使った声優の名前
ひらがな入力→予測変換候補表示で記載してみると下の様になります。

くぎみやり→釘宮理恵
とうやまな→東山奈央
さわしろ→沢城みゆき
ひらたひ→平田広明
たむらゆ→田村ゆかり
ふじわらけ→藤原啓治
たなかり→田中理恵
ちばし→千葉繁
さくらあ→佐倉綾音
みどりかわひ→緑川光
という結果でした。
この辺で終了します。長文ですみませんでした。